読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

起き上がる大学生

内定を勝ち取るために頑張ります。

おれはガードにこだわりすぎた。

おれは自分の自尊心を削るガードをしすぎた。

 

(立場わきまえつつ、努力していくで異議なし。自尊心削ってガードする必要なく、普通にtake no noticeで、OK)

 

たとえば、誰かが僕をバカにしてきたり笑ってきたとする。普通なら気にする人もいると思うが、おれは全く何も思わない。むしろ相手を哀れむ。

なぜなら、おれは自分なりのガードをしているからだ。

 

バカにしてきた人をAとする。Aはおれに勝る何らかの優越があって、おれをバカにして笑っている。この時Aは純粋におれもしくは、おれの属する社会との比較をすることでバカにして笑っていると思われる。

 

おれはAのような奴が来た時、心理上に無理やり第三者のトップレベルの人間Bを持ち込む。

たとえば、学力でバカにして来たなら東大医学部B、ハーバード大学生B、企業人がバカにして来たなら彼らを相手にする時間すらないトップ企業のトップの人間Bを入れる。

 

そうすると大抵のAは、自分の世界で偉いだけのかわいそうな人にしか見えないし、就職していくところも自分の価値観で満足しているだけでトップの人から見れば何ともない企業であろうからなんとも思わなくなる。特に大学学部が学歴フィルターで少しでも外資その他に引っかかるような大学の場合哀れむのだ。

 

この人は自分の世界で偉くて下を見下して笑っているが、本当はある企業の人事には相手にもされないのだと。今後も勝手に就職先に満足し、僕を馬鹿にしてくるのかなと。まるで昔の自分を見ているような気分で見るのである。

 

さっき書いたように、僕はどんな人間であろうと、大学生ならハーバードの日本人大学生、企業人なら彼らの10~15倍の年収を稼ぐ平均年収6000万のゴールドマンサックスの社員さんと比較するので、心理上優位に立てる。(たまに知り合いの東大医学部生の助言をうけることもある。)

 

たまに僕がおめでとうというと、中には僕が無理しておめでとうっていってるのわかったけど、あははと大勢の前でいうかわいそうな学歴でいえば日東駒専君や、学歴ロンダリング君もいるが本当におめでたい人たちだなと思える。

 

この見方は大抵の攻撃に無関心をもたらす優れた見方であるし、昔の自分のようなかわいそうな人を量産することで、自分の過去を隠すことができるものであるが、まー、タイトルから分かる通りこの見方にはデメリットがある。

それは常にトップレベルと自己との比較が生じるということだ。

たしかに、彼らから見れば年収400万と年収650万程度の差も、なんかよくわからない社会的地位の差も小さい背比べでしかない。しかし、それは自己と6000万との差を意識したということでもある。

 

この視点を乱用すると、まず自分に自信など持てない。昔のような自己満足から調子に乗ることは起こりえない代わりに自身の質が悪くなり、パフォーマンスも下がるだろう。人への害を減らした結果自分への害がうまれている。

結果的に、自身の結果を出すことができないので、(ある価値観で)優秀な人の餌食になり続けるスパイラルから出れないという悪循環に陥る。

そして、心理上どんなに優位にたとうと、社会においてかれらに優位があるようにしか見えない。

妄想ではないが仮想にすぎない。

というか彼らは私の実力がないからバカにしているのであって、私に実力があればなにもいえないだろう。

わたしも現実を生きる必要がある。

 

どうすればいいのか?

 

もちろん答えは決まっている。

かれらの攻撃をうけとめ殴り返すための努力をしていけば良いだけだ。

 

何年前か忘れたがおれが最初にこのガードを発動させ始めたのは自分への戒めと対東大理系や対旧帝国大理系のためだった。

自分が2度と中学でいう定期考査400/500とか、高校でいう県3位ぐらいの結果で人を馬鹿にした態度をとらないようにという戒めと、浪人時代全く成績の上がらなかったおれが彼らに勝てる要素がほとんどないと思った事実からこのガードを作ったのだ。

 

だがどうだ?

今じゃ明らかにある企業が学歴フィルターに引っかけるだろう、またある企業が代表取締役オア重要ポストに絶対にしないであろうMARCHや日東駒専レベルにこのガードを使うはめになっている。

というかこのレベルじゃたとえば国家総合職の内定及び出世においてかなり不利になるってことはおれじゃなくても分かる。彼らが僕をどんなに笑おうと、ある価値観では暗黙の了解で不利な学歴だ。

ある省の国家総合職の東大比率は50%付近にあるという事実を知らない人はいないだろう。

 

これを直接言おうものならかれらにはおまえが1番下だからなとか絶対いわれて終わるが(笑)

 

こんな奴らにおれは自尊心を削っている

のかーというショック、そしてこの見方の乱用により行き着く先はもっと下かもしれないという予測とおれは虚無ることで自分の努力から逃げただけではないかという疑問がうかぶ。

 

つかこの見方されたら周りの人嫌になるだろうなー。必死で生きてたらマジで関わりたくない。

 

ということで、

ガードをといて殴り返そうと思う(心理的に)

殴り返せるほどの実力をつけようと思う。暗黙のジャブぐらいは入れたい。

大体かれらのいうことは

それで?の連呼かすごいねー、

と返すだけでジャブにはなってしまうが

肝心なのは高い立場から言わないといけないことだ。

 

そうしないと彼らは自身の発言がすごくないことに気がつかず、こちらがいうことを負け惜しみだと感じるだろう。

 

とりあえず立場わきまえつつ、努力してくで異議なし。マーチレベル、学歴ロンダリングに自尊心削ってガードする必要なく、普通に無視でオーケー。

必要なのは殴られつつ努力して前進する気持ちだな、

 

また成長できたなー自分。